闇金でお金を借りないために

闇金業者は、どうしてもお金が必要な人をターゲットにして近づいてきます。主に、自己破産した人です。自己破産した人の情報がどこかから回ってくるのか、それは疑問ですが、闇金はそれなりの情報網を持っていると考えていいでしょう。自己破産した人というのは、多くが、経済観念がない人です。自分の収入内で、生活が出来ない人です。または、収入や預貯金そして借り入れの限度額を超えてまで、ビジネスにつぎ込む人、またはギャンブルにつぎ込む人です。そういった金銭感覚が危ない人、貧しい人が闇金に狙われてしまうのです。また自分から闇金からお金を借りてしまうのです。一度闇金からお金を借りてしまうと、大変なことになります。闇金からお金を借りる人は、1回だけと思って借りる人が多いのですが、ほとんどの人が闇金業者と1回だけの接触では終われないのです。次から次へと借りることになってしまうのです。1回目に借りたお金につく利子が高いので、利子を返すだけでも精一杯なのです。元金は全く減らないどころか、残っている元金に利子がどんどんつくようになり、返済額は雪だるま式に増えていくのです。これは全くの違法なのです。この金利は法律いはんであり、また届けをしていない業者がお金を貸すこと自体が違反です。というより、元々闇金業者というのは、暴力団、若しくは暴力団と関連があるものなのです。そんなところと関わってしまう事自体がいけないのです。直ぐに手を切るべきです。直ぐに弁護士や司法書士、または警察に相談しましょう。早めに手を打たないとどんどん苦しくなるばかりです。また、自分の行動を顧みて、借金をしない生活に改めないといけないのです。基本は、自分の収入で生活をすることです。これをしない限りは何時まで経っても、借金をすることになるのです。