闇金というものをご存知でしょうか。

大よそこんなものだろうと想像がつくのではないでしょうか。少し前までは、闇金がらみで、自殺者がでたり、借金の取り立ての酷さがテレビで紹介されもしました。そうです。闇金は金融機関として許可をとったものではなく、ほぼ暴力団と言ってもいいでしょう。暴力団の収入源になっているケースが多いのです。ですから、例えば、ダイレクトメールやチラシなどで、お金を貸しますよと言われて、特に破産者や普通の金融機関からお金が借りれない人などは、借りてしまうのです。しかし、借りた相手は金融機関とは名ばかりで、暴力団なのです。暴力団からお金を借りたことになるわけです。普通ではありませんから、金利も異常な高さです。元金を返済するどころか、利子を支払うのにも四苦八苦の状況に陥ります。そうして、長期間、暴力団との繋がりができてしまうのです。ですから、闇金にお金を借りてしまったならば、直ぐにでも対処しなければいけません。最初が一番大事です。こいつは、お金を取れないやつだ、と暴力団側にわからせることが肝要なのです。そのためには、弁護士に相談すべきです。また、執拗な催促をされようならば、直ぐに警察に届けることも同じく肝要です。くれぐれも闇金には近づかないことです。闇金は暴力団そのものなのですから。収入の範囲内で、つつましく生活することが一番大切なことです。そのような生活を続けていければ、トラブルにも巻き込まれないはずなのです。