闇金からお金を借りてしまったら

お金に困っている人は、どこかでお金を借りたいと思っているでしょう。また、多重債務に陥っている人も、だんだん借りる当てがなくなってきて、どこかでお金が借りられないものかと考えているでしょう。毎日の生活にすら、苦しんでいるのですから、少しのお金でも喉から手が出るくらいに欲し良い状態なのではないでしょうか。そんな状の人に近づいてくるのが闇金業者です。家にチラシやダイレクトメールでお金を貸しますよ、と誘いをかけてきます。お金が借りたい人にとっては神様に思えるのかもしれませんね。しかし、保証人がいなくてもいい、担保もいらない、などの好条件など、初めからおかしいのです。このことをはっきりとわかっていなければいけません。お金が必要なのと、好条件での融資話が絡み合って、ついつい借りてしまう人がいるのです。こうして闇金との繋がりが出来てしまうわけなのです。闇金業者と知らずにお金を借りてしまうのですね。借りてしまったら、その後は大変なことになります。例えば1万円だけ借りたとしましょう。しかし、実際に請求されるのが、その倍の金額の2万円といった具合です。異常であり、法外であり、つまり暴力的な利子がついていくのです。ですから、こんな状況になったら、直ぐに相談しなければいけません。慌てずに弁護士に相談しましょう。【闇金相談ガイド】なども参考にしながら、できれば闇金問題に詳しい弁護士が理想です。解決や関わった件数が多い、経験値が高い弁護士に相談しましょう。必ず、適切な対応の仕方を教えてくれます。弁護士費用を出し惜しんで自分で行動すると、余計に深みにはまる可能性は高いでしょう。取り立ても覚悟しなければいけません。そのためにも予め警察にも相談しましょう。一番重要なのは、訳の分からない業者からお金を借りないことであり、更に踏み込んで言うと、自分の収入範囲で、生活することが一番大切なことなのです。

闇金の家族への取り立て

闇金からお金を借りて、返済が出来ないとなると、業者は借りた本人だけでなく、その家族、親せきまで連絡してきます。本人が支払えないから、あなたが支払えという内容です。借りた人の家族は親族ですが、だからと言っても法的に返済の義務はありません。しかし、闇金たちはしつこく取り立ての電話をしてくるのです。闇金は保証人ナシ、担保ナシという触れ込みで近づいてきますが、実際のところ、お金を貸す時に、それとなく家族や親せきなどの電話番号を聞き出します。けして保証人ではないからと、軽い聞き方をしてきます。借りる方も、お金が欲しいために、ある程度言いなりの状況なのでしょうね。そうして教えた番号には、必ずといって良いくらいに電話がかかってきます。本人だけの苦しみではなく、その周りにも迷惑をかけるkとになるのです。闇金はしつこいです。そして弁護士や警察の対応策をくぐりながら返済を迫ろうとします。この辺りはイタチゴッコの様相です。今までは貸した人の家や職場に直接出向いて、荒い言葉、脅しで、圧力をかけていました。しかし、そのような行為に取り締まりが厳しくなってきたことで、今はもっぱら電話で取り立てをしてきます。電話は顔を合わせることがありませんから、弁護士、警察に顔を知られなくて済みます。たとえ一度逮捕されても、または訴えられても、別の場所で、または別の電話番号で闇金を続けることは可能です。闇金業者も年々やり方が巧妙になってきているのです。闇金との関わりを持ってしまったならば、まずは相談しましょう。そして借りる時には、本人以外の情報は伝えない。これは十分気を付けるべきなのです。

更新履歴